カテゴリー「地球環境問題」の記事

カーボンオフセット

昨日は朝早くから東京に日帰りで行ってまいりました。

地球環境を守るために、やるべきことはいろいろとあると思いますが、その一つの取り組みとしてカーボンオフセット制度があります。

二酸化炭素の排出削減の努力をしてもどうしても削れない排出量を、クレジットを購入して埋め合わせる取り組みを認証する制度です。

本年度、環境省からカーボンオフセット制度運営委員会の委員を委嘱されました。昨日は、東京で第1回目の運営委員会に参加してきました。

環境省の報道発表はこちら↓↓

http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=15221

この制度を普及させるための準備として、認証基準、規約などの設計をきっちりとする必要があります。

これまでの取り組みについてはこちら↓↓

http://www.4cj.org/label/index.html

|

エネルギーの勉強

F16EA540-6F76-420B-9CC8-347A6E9FAC96
青森の六ヶ所村の日本原燃さんに見学に行ってきました。原子力発電のリサイクルの施設です。
093C9F66-1376-4BAB-A094-4CE5B258F44E
その後、酸が湯温泉へ
千人風呂は、なんと混浴
A5144AAF-B576-478F-A4F6-3810BDFAEF67

エネルジヨのメンバーとエネルギーの問題を勉強してきました。

|

エネルジヨイベントその2

4C72283A-D5F1-42CB-9A64-EC1AC3B46B99
今日はエネルジヨのイベントその2で高浜原発に見学に行ってきました。

途中立ち寄った高浜町の美しい海岸・・・青の洞窟のような景色です。

先週のセミナーにひきつづき、電気のふるさと福井県で、地元の広報アドバイザーの方と交流しながらおいしいお昼ご飯を食べて、そのあと原子力発電所を見学しました。

高浜原発で京都府の電気がまかなえるほどの発電量があるそうです。

|

エネルジョのイベントやりました

昨日は、京都四条烏丸の池坊短大こころホールで地球とエネルギーを考える女性の会(略称エネルジョ)のイベント「お得!なっ得!トークパーティ」を細川茂樹さん神津カンナさんをお迎えして実施しました。

エネルジョとは「エネルギーの生産と消費に伴う地球の問題、すなわ地球温暖化や環境悪化さらには資源枯渇といった問題に対し、身近な視点から取り組み、広く発信することを目的とした会です」

代表は兵庫教育大学大学院教授の竹西亜古さん。メンバーは今のところ私も含めて7名です。

昨日のイベントは大盛況で定員の3倍のお申し込みがあり、抽選でご招待となりました。お越しいただいたみなさまどうもありがとうございました!!

エネルギーがどこから来ているのか。現代社会にいきる私たちが知っておかなければならないこと。長時間のイベントでしたが、みなさん熱心に聴いていただきありがとうございました。

私的には、細川茂樹さんの男前を拝見できたのは、ラッキー!!おまけに細川さんの本にサインまでいただきました。

Photo 日テレDONで松潤さんと共演したのに続くラッキーです。

このあと、エネルジョメンバーと神津カンナさんとでカラオケで打ち上げ。仮面ライダーの歌で盛り上がったことは言うまでもありませんhappy01

|

先週はバタバタ

先週は、福井県に原子力発電所の見学に行ってきました。原子炉の近くまでみせていただき、近未来映画のようなものものしい数々のセキュリティゲートを通り、つなぎの服に着替え全身をすっぽりとカバーして、被ばく量測定装置を身につけ、見学させていただきました。

浮かれていてはいけないのですが、テーマパークのアトラクションみたいな気分でちょっと楽しませていただきました。

去年は黒四ダムと水力発電所を見学し、今回は原子力発電所ということで、発電の現場を直に目にする貴重な機会でした。見学の成果は6月におこなう「エネルジョ」の京都でのイベントに向けて生かしたいと思います。

それから、・・・ちょっと恥ずかしいのですが、お知らせです!!

今週23日(金曜)お昼の12時過ぎから日本テレビの「DON」という情報番組の「身近な法律相談」のコーナーにスタジオ生出演をすることになりました。関西では10チャンネルですので、ご覧いただければ嬉しい(恥ずかしい)です!!もっと痩せてからにしたかった・・・

|

エネルジョ(仮称)

昨年から、地球温暖化やエネルギー問題について勉強していますが、この勉強会(エネルジョ?!)の主催で6月に京都でイベントやることになりそうです。

白熱灯が製造中止になりLEDに置き換わるようになるという話題をニュース番組で見ました。エコポイントがつく電気製品に買い替えるとか、太陽光発電を屋根につけるとか消費者サイドで心掛けてエネルギーをセーブするということも勿論大切です。しかし、地球温暖化の問題は、経済構造・産業構造全体にかかわる問題であり、まさに国の基本政策の問題です。

この問題についても情報発信をしていきたいと思います。

|

地球を考える会シンポジウム大成功

昨日実施の「地球を考える会」大阪シンポジウムは多数の方々のご来場を頂き大盛況でした。当日の模様は動画配信されています。↓↓

http://enecon.netj.or.jp/forums/090909osaka/index.html

Photo 三屋裕子さんの隣が私です。。

コーディネーター神津カンナさんの采配は素晴らしかったです。有馬先生は難しい話をわかりやすくお話しいただきました。

とても有意義なシンポジウムだったと思います。

これからもっとエネルギーのことを真剣に考えていきたいと思いました。

|

地球を考える会 大阪シンポジウム明日開催

明日、地球を考える会の大阪シンポジウムにパネリストとして参加します。

http://enecon.netj.or.jp/

午後1時30分から、上記HPにて動画で実況中継されるそうです。

民主党鳩山代表が、昨日、温室効果ガス1990年比25%削減という国際公約に言及しました。

選挙中にはほとんど争点としても取り上げられなかったように思いますが、自民党の8%削減よりも踏み込んだ数字がいきなりクローズアップされたことにびっくりしました。

「荒唐無稽な」目標などという財界の方の声が新聞に載っていましたが、地球環境のためには、荒唐無稽で何でも、国際社会のリーダーとなってやりとげなければならないことです。「国際社会において名誉ある地位を占めたい」という日本国憲法の精神にもかなうものだと思います。

話はそれますが「荒唐無稽」という言葉は、私は結構気に入っていて裁判の書面に時々使います。相手の主張をやっつけるときに使う言葉です。事務所の大先輩の葛原先生の書面は、古い言葉づかいがよく出てきて格調があるのですが、「荒唐無稽」という言葉もその一つで、私はイソ弁の時から真似をして使っています。

|

「地球を考える会」シンポジウム

地球愛・環境とエネルギーの調和を求めて~「地球を考える会」シンポジウムが9月9日(水曜)大阪国際会議場で開催されます。生活者の目線で語って欲しいというリクエストをいただいてパネリストとして参加することになりました。

温暖化ガス(CO2)の削減が世界的な課題となっています。今日の日経新聞の一面に「経済産業省の試算として2020年までに05年比15%削減なら家庭追加負担最大500万円」という記事が載っていました。

2020年まであと11年。その間に、15%も削減するというのは、大変な数字ですからそのような負担が現実的かどうかというのは別問題としても、それくらいの負担がかかるというのはあり得る話でしょう。

例えば体重を1ヶ月で1キロ落とすという目標は、脂っこいものを食べず、なるべく体を動かすというちょっとした工夫で達成可能かもしれませんが、体重を15%も落とそうと思ったら、「ちょっとした工夫」の範囲を超えており、抜本的にカロリー制限の食生活や生活習慣の見直しが必要になると思います。

それを日本全体でしようというわけですから、国民全体の理解をどのように得るのかが喫緊の課題でしょう。今回の選挙で民主党はもっと踏み込んでガス削減05年比30%もの目標を立てていますが、具体的に実行可能なのか具体的な行動計画を示して欲しいなと思います。

温暖化が進めばどうなるのか。日経ビジネス8/3号に「亜熱帯ニッポン」という特集がされていました。北極圏の氷が溶ければ北極海を船が航行できるようになるなど悪いことばかりではないということも書いてありましたが、温暖化による弊害の方がもっと恐ろしいのではないかという気がします。

|