カテゴリー「書籍・雑誌」の記事

本屋で

F0E7C512-55EF-40D2-A1C3-38046BDABF1C
書き込みが出来るノート形式の本がいくつか並んでいました

書店でコーナーができているようで、本日出荷の「相続でもめないための遺言書」も一緒に並んでいました。

装丁がちょっとほかのと違って、キットという感じです。でもお値段は2100円と類書と同じかちょっと安めの設定になっています。

しばらく本屋めぐりで楽しめそうです。

|

自筆証書遺言の書き方

Photo 9月15日発売予定の「相続でもめないための遺言書」(主婦の友社・2100円)の見本誌が届きました!!

手軽に遺言書を書けるキットです。キットの内容は、①遺言書用紙、②手紙用紙、③保管台帳、④封筒、⑤相続整理ノート、⑥相続対策ガイドが入っています。

遺言書用紙や封筒などは、ほかにも同様のセットが出ていますが、相続整理ノートはとても便利な内容になっています。

これに必要な事項を書いていくと、財産や負債の管理といった日常の財産管理にもとても役立ちますし、あらためて整理することで、「もめないための遺言書」作りに役立ちます。また実際にご本人がだんだん判断能力が衰えて財産の管理ができなくなったり、相続が発生するような事態になってもこのノートがあれば、家族は大変助かると思います。

先日事務所にお越しになった80代の女性の方ですが、数年前に銀行にすすめられて公正証書遺言を作ったけど、ちょっと内容を変えもらうのにまたお金を取られて、なんかばかばかしいので、自筆証書遺言を作りたいというご相談でした。

銀行でどんな遺言をつくったのかときくと、不動産と預貯金の明細を書いて、子供たち3人で仲良く分けてください。という内容だったとか・・・この遺言に全く意味がないとはいえませんが、分け方の指定もしていないこのような内容の遺言を作って費用が30万円近くかかったとか・・・・ちょっと「どうかなぁ」と思ってしまいます。

公正証書遺言と自筆証書遺言・・・それぞれメリットデメリットがありますが、それ以前に「どんな内容の遺言を作るのか」これが一番大事です。

是非、相続対策ガイドと相続整理ノートを参考にして、意味のある遺言書を作ってください。

|

新刊のランキングです

6月23日に緊急出版した「カード&住宅ローン危機 脱出マニュアル」(主婦の友社)

京都の大垣書店四条店でランキング入りです。

Photo_2 パネルも展開していただいており感激です。一位はやっぱり「もしドラ」ですね。

総量規制実施後の状況はどうですか?とマスコミ関係者に聞かれるのですが、「意外と静か」です。私の実感としては、5月後半から6月のはじめにかけて、「駆け込み」的に相談が急増したように思うのですが、意外にも実施後はそんなに相談は増えていません。

キャッシング利用者の過半数が総量規制に抵触するといわれていますが、みなさんどうされているのでしょうか。支出を減らす・収入を増やすということで対応ができていればいいのですが、闇金やクレジットカードのショッピング枠の現金化というようなことには手を出さないで欲しいと思います。

|

新刊の売れ行き

先週出版した「カード&住宅ローン危機脱出マニュアル」。新刊を出した後というのはしばらくアマゾンのランキングをチェックしたり、楽天の在庫表示が減っているかチェックしたり、ちょっとそわそわしてしまうのですが、事務所の近所のブックファースト梅田店さんでの扱いはこんな感じです。

Photo

多くのかたの目にとまり、買っていただければ嬉しいなと思います。

いろんな書店を見て回っていると、ついつい、本を買ってしまい。読もうと思って買ってもなかなか読む時間がなくて自宅や事務所に積ん読状態・・・それが結構なプレッシャーになっています。ちなみにどんな本が積ん読になっているかというと

1Q84,告白、下流の宴、ベイジン、ドラッカー本数冊(マネジメント、プロフェッショナルの条件など)、その他法律書やビジネス書がいっぱい・・・

|

「ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣」

10万部突破のベストセラーのビジネス書です。

2か月ほど前に購入して一気に読みました。著者の美月あきこさんは、元キャビンアテンダントで退職後、起業されビジネスマナーや人財育成コンサルタントとして活躍されている方です。

この本は、ファーストクラスってどんな人が乗るんだろうというちょっと好奇心から買ったのですが、軽妙な筆致でエピソードが繰り広げられる中で、ビジネス書として読んで役に立つ納得ポイント満載です。昔、堀ちえみさん演じる「スチュワーデス物語」を憧れいっぱいでみていましたが、そんなスッチーの裏話が随所にちりばめられていて、読者を飽きさせません。ファーストクラスに乗るビジネスエリートの方の共通項も大変参考になりました。

ファーストクラスに乗る人はみなさんこだわりの文具(ペン)をもっていらっしゃるというところが印象に残りました。 事務所にご相談にお越しになる方にはまず最初に「相談票」に記入していただくのですが、その際に自分のペンをお持ちになり、そのペンで記入なさる方とそうでない方のステイタスが違うということに気づいていました。やっぱりそうかと妙に納得です。ちなみに当事務所の相談コーナーにはなくなってもいいように(?)ものすごく安価なボールペンを備え付けているのですが、自分のペンを持たずにその辺においてあるペンでメモをとる弁護士もいますが、私は、司法試験の受験時代から愛用している「ウオーターマン」の万年筆でメモをとります。この差がステイタスの差として現れるのでしょうかhappy02

さすがベストセラーになる本は違うなぁと感心するとともに、ポジティブな経営者としての姿勢に美月さんの隠れファンになり、ひそかに美月さんのブログをチェックしていました。ほんと、憧れの気持ちで、いつか当事務所にもセミナーに来ていただいてお近づきになれたらなぁなんて思っていたら、

http://ameblo.jp/lucille/theme-10022383750.html

↑なんと!!美月さんのブログで私の本「3分割勉強法」が紹介されているではありませんか?!しかも、元エレクトーン奏者が共通項とか!!「え~っ」ていう感じですが、感激の嬉しさです。

人生に起こることはすべて意味のあること・・・私は弁護士になるのにずいぶん回り道をしましたが、すべての出来事に意味があったのだと思っています。美月さんがこのフレーズに共感していただけたということもものすごく嬉しいです。どうもありがとうございました!!

|