« 2013年2月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年5月

みよ 法律

みお綜合法律事務所というと「みお」先生がいるのかと思われる方もいらっしゃるのですが、「みお」の由来は、みお先生がいるわけではありません。

みお とは、大阪市の市章にもなっている「みおつくし(澪つくし)」に由来します。みおとは、船が安全に通れる水路を意味します。私たちは、依頼者の方が安全に航行できるしるべを案内するという趣旨で事務所名を「みお」としました。平成14年に事務所を設立するときに亡き葛原忠知先生と事務所名をあれこれ考えて名付けたときのことを懐かしく思い出します。横文字の名前とかいろいろ考えたのですが、葛原先生の直感で「みお」と決めていただきました。

耳できくと、「みよ」と間違えられる方もいらっしゃいますが、「みおつくし」の「みお」です。

ラジオなどで当事務所のフリーダイヤルを 0120-7867-30(なやむな みお)とゴロ合わせとしてご案内していますが、「みよ」とまちがえて (なやむな みよ) と覚えて間違い電話をされる方がいらしゃるようですのでどうかお間違えなきようお願いします。

インターネットの検索も「みよ 法律」ではなく「みお 法律」でお願いします!!

|

B型肝炎給付金裁判

今日は、裁判所で、B型肝炎給付金裁判で1件和解成立。病態は慢性肝炎。給付金の額は1250万円+50万円です。

提訴後約半年で、ようやく和解となりました。被告国は、7000件も同様の案件があって順番に処理していますのでと言い訳して、遅遅として進まず・・・

国の代理人とかお付きの人が4人もぞろそろと出廷して、「まだ見ていません」はないでしょうと、腹が立つこともありました。別件で、当事務所の熱血弁護士は、「まだ見てませんっていうために、4人もでてきたんですか。いますぐ法務局に戻って本件の審査をしてください」とぶち切れ発言をしたこともあったとか・・・出廷している方々は、単なる「お使い」なのでしょうか、何を言っても「のれんに腕押し」で、かえって虚しくなるばかりだったとか。

基本合意に沿って吟味をするのにそんなに時間がかかるものなのか、本気で見れば1件みるのに1時間もあれば足りると思うのですが。

迅速な処理で被害者の早期救済を望みます。

みお綜合法律事務所では、随時、B型肝炎給付金請求のために必要な書類をご案内する無料説明会を大阪と京都の事務所で実施しています。

日程などはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせは:

フリーダイヤル 0120-7867-30 (なやむな・みお) 

|

御神輿

昨晩、信号待ちで停車中、いきなり目の前に登場した上御霊神社の御神輿。

1368925602557.jpg

目の前で360度回転。
その間、ずっと信号待ちとなりましたが、
特等席で見学することができました。

以前にも葵祭りの行列と対向車線ですれちがったり、京都に住んでいるといろいろと楽しいなと思います。

|

近所の食品スーパーが・・・

ちょっと買い忘れた調味料を家の近所の食品スーパーで買おうと思ったら、年中無休のはずなのに、シャッターがおりたまま・・

貼り紙がしてあり、読んでみると、「突然ですが本日破産申し立てしました・・・弁護士●●」のお決まりの通知文。いつ行ってもあまりお客さんがいなくて、生鮮食料品はあまり買う気にならなかったけど、なくなると結構ショックです。このスーパーも廃業したくてもできずに、ずっと自転車操業でやりくりをしていたんだろうなと想像されます

何年か前に、食品スーパーを経営する会社の任意整理をやったことがあります。優良部門だけを残して、赤字部門の食品スーパーだけを整理するという結構アクロバットな整理でしたが、そのときのドタバタをちょっと思い出しました。

単なる廃業なら閉店セールをしたり、取引先にも事前に連絡して注文を止めたりするのですが、破産や破産に近い整理の場合には、閉店は関係者に対して突然の告知となります。そのためには、一部の幹部を除き従業員にもぎりぎりまで知らせませんので、閉店の前後はいろいろなトラブルが予想されます。閉店の日を「Xデー」と定めて事前に周到な準備をします。。

店頭の在庫商品などは卸業者が引き揚げに来ると収拾がつかなくなるため、弁護士を張り付けて対応したり、ポイントカードはどうしてくれるのという一般消費者からのクレームの対応から、なんとか在庫商品をできるだけ高値で処分して、配当原資を確保したりと、任意整理ならではの苦労を思い出しました。

破産であれば、閉店と同時に裁判所に申し立てて管財人を選任してもらい管財人の管理になるので、代理人としてはドタバタはするけれど、管財人にバトンタッチすれば一安心というところでしょう。

貼り紙というのは、破産や整理の際にはつきもので、仕事上見慣れたものではありますが、身近なところでそれをみるというのは結構インパクトがありました・・・

|

« 2013年2月 | トップページ | 2013年11月 »