« 極寒の家庭裁判所 | トップページ | 紅葉の永観堂 »

ホテルの備品は持って帰っていいのか

最近のニュースで,ホテルの備品を記念にしようと持って帰った大学生が逮捕されたという記事を見ましたが,ホテルのものをどこまで持って帰っていいの?ということで,よみうりテレビ朝の情報番組「す・またん」から取材を受け,今朝,放送されました。

ホテルの部屋の利用に当たって,ホテルは宿泊などのために部屋を利用させる義務とその対価として宿泊料などを請求する権利があります。

ホテルの備品は宿泊等のために必要な設備として利用できるだけで,持って帰る権利はありません。例外として,石けんや歯ブラシなどはアメニティとして1回限りの利用を前提として提供されているものなので持って帰っていいと言うことになります。

消耗品でも,たとえばトイレットペーパーは消費してもいいけど,使わない残りのロールは持って帰ってはいけません。(当たり前ですが・・・)

原則として持って帰ってはいけないのですから,持って帰っていいのかどうか微妙なもの・・・アメニティをいれているポーチやスリッパなどは,「お持ち帰り下さい」と書いていない限りは,持って帰ってはいけないということです。

ただし,犯罪が成立するためには,「故意」が必要ですので,持って帰っていいかどうか微妙なもので,持って帰っていいと思いこんで持ち帰った場合には,窃盗ということにはならないでしょう。

|

« 極寒の家庭裁判所 | トップページ | 紅葉の永観堂 »

身近な法律問題」カテゴリの記事