« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

冠雪の大山

5FECE00A-DEAE-4049-AC3D-8EC687783736
境港で
304EA3EF-C1CD-4338-9147-AD3465E17635
せこがに
3A1879DD-DF89-4E2C-A10B-BFBFF4FB3687

今週の12月1日に佛教大学四条センターで市民講座を担当します。

「遺言と相続」 13:00から14:30 無料です。

たくさんの方のご参加をお待ちしております。

10月からレギュラー出演していますABCラジオ「おーそれみーお」の番組ホームページができました!!

http://abc1008.com/ohmio/index.html

リンクをたどっていくと、私のHPで過去の放送が聴けます。

土曜の朝6時45分という時間なので、寝ているからよう聞かんという方は

こちらからどうぞ http://www.sawada-aki.com/radio.html

|

取材のあと

昨日の晩、事務所のビルの通用門から出ようとすると守衛のおじさんから

「今日テレビ出てたの見たよ」と声をかけられました。

何のことかと思いましたが、そういえば2週間ほど前にMBS(毎日放送)テレビにクレジットカードの現金化のことで取材させてほしいといわれ事務所でテレビ取材をうけたことを思い出しました。

昨日の夕方6時過ぎからのMBSのニュース番組VOICEで放送されたようです。

放送するときは教えてねとも言わなかったけど、やっぱり放送するときは教えてほしかったナと思いますdespair

記者の人から、ショッピングカードの現金化を利用した人も紹介して欲しいとも言われ、心当たりの人に何人か声をかけましたがみなさん褒められたことをしているわけではないので遠慮したいと辞退され、ようやく取材に応じてもいいという方をご紹介しました。

ショッピングの現金化でお金を作っても、破たんの時期が先に延びるだけ、借金の額が膨らむだけ、免責不許可事由が増えるだけ、で何の解決にもならないことを声を大にして世間に訴えたいと思います。

|

住宅ローンが払えない5

最近、以前に当事務所で民事再生(住宅ローン特別条項付き)のお手伝いをして、再生計画履行中の方から「住宅ローンが払えなくなった」というご相談がちらほらあります。

住宅だけは保持したいと頑張ってこられたのに、残念な結果になったのですが、ご相談者の方は総じてさばさばしておられるように思います。

長い間住宅ローンの支払いに苦しみ、カードローンでやりくりしてカードローンが膨らんで民事再生までして、結局住宅手放すことになるというのは切ないですが、やれるだけのことはすべてやったという諦観でしょうか。ようやく決心して重荷をおろした安心感でしょうか。

住宅ローン以外の債務は民事再生で大幅にカットされているので、住宅ローンの残債務をどう処理するのか、一番いい方法を一緒に考えることになります。

まずは、1)住宅を任意売却するかどうか。競売に委ねるかについて、どちらですすめるのかを検討します。

2)競売になるとして、いつまでその住宅に住み続けることができるのか

3)住宅が売却された後に残った債務はどうするのか。・・・・この点については破産にするのか、交渉継続するのかいろいろなケースがあります。

住宅ローンが払えなくなって住宅を手放すにしても、一番負担にならない方法を一緒に考えていくことになります。

住宅ローン破たんの特集ホームページをご覧ください。

http://jl-hatan.net/

Miolaw_20100914_2

|

人参とかぶ

BAD1A099-24EE-411B-B021-BD76D4F4B919
野菜から葉っぱが出て観葉植物になりました。

|

もめないための遺言書セミナー

706DF275-1B1A-4505-949E-A4D8FF4D7160

ABCラジオ「おーそれみーお」でセミナーのお知らせをしたところ,ものすごい反響であっという間に席が埋まり,今日はなんと3回講演になりました。

午後からはパーソナリティの高野あさおさんをお迎えして和気あいあいとした雰囲気で楽しくセミナーをさせていただきました。

3回も同じ日にセミナーをするというのは,結構ハードでしたが,たくさんの方にお越しいただき,また熱心にお聴きいただきましたので,疲れもふっとびました。

これからも頑張って情報発信を続けたいと思います。

|

武富士その後

今日事務所にお越しになった方は、先日、武富士のATMで返済をしようとお金を入れると、「受付できません。至急コールセンターにご連絡ください」と表示が出て、電話をしてみると

100万円近い残債務が残っているのに「400万円余り過払いになっていますので債権届してください。もう返済しなくてもいいです」と言われたそうです。

それでびっくりして、どうしたらいいのかきくと、なんか色々と説明をされたそうですが、相手の言っている意味がわからず、当事務所にご相談に来られました。

武富士は取引中の方にはATMでこのようにお知らせしているんですね。

実はこの方は、アコムにもアイフルにもプロミスにも同じような時期から取引を続けておられ、「武富士がそんなに過払いになっているなら他社もそうなのか!!」とようやく気付かれて弁護士に相談しようと思われたとか・・・

1年前に来てくれたら全部で1000万円以上は回収できたのに・・・

それなのに、「借金がなくなるだけでもういいです・・・」とおっしゃっていました。

長い長い借金生活・・・今日で終わることは確実です。あとはどれだけ過払い金を取り戻せるか・・・それは私たちの仕事ですので頑張りますよdash

|

ノムラでノムラだ♪

今週から毎週金曜日に、6回シリーズでMBSラジオ「ノムラでノムラだ♪」に5分間の枠で私のコーナーを持たせていただくことになりました。

5分間という限られた時間ですが、ポイントを絞ってゆっくりとおはなしできました。

野村さんにあいづちをうっていただき、ほんとに話しやすかったです。

来週16日に当事務所のセミナールームで開催する「相続でもめないための遺言書」セミナーは告知後早々に満席になっています。今日はセミナー準備のパワーポイントの資料作りに四苦八苦でした。。。

Photo

ご購入は右横のバナーからどうぞ→→

|

ラジオCM恥ずかしながら・・・

ラジオの収録などでプロのアナウンサーの方と一緒にお仕事をさせていただく機会が増えたのですが、やっぱりプロの方は違うなぁと実感する日々です。

恥ずかしながら年末にかけて当事務所のラジオCMを私の声でやることになったのですが、かけあいのナレーションを「ほぐすらじお」でお世話になった増井孝子さんにお願いしました。

(増井)「えっ わたしの過払い金はどうなるの?」

(わたくし)「みお綜合法律事務所弁護士の澤田有紀です・・・」

で始まるCMなんですが、私の声のトーンが低いと沈んだ感じになるし、高いとブリっこみたいになるしで何度もやり直してようやくOKが・・・

増井さんはさすがにアナウンサーだけでなく役者(舞台女優)もやっておられるだけのことはあり、臨場感たっぷりのセリフで思わずひきこまれます。

私の声でCMやるなんて、恥かきもいいところなんですが。。。「やらねばならぬ使命感!!」で頑張ります。

ところで、先週末の土曜日ににABCラジオの「おーそれみーお」で遺言セミナーの告知をしたところ、その日のうちに予定していた枠があっという間に埋まり、急遽2回講演にしたところ、それも週明けの月曜日に埋まってしまいました。今週末にもう1回告知するので、あと1枠をさらに追加することに・・・

来週の16日は朝から夕方までセミナーを3回もやることになりました・・・

たくさんの方にお越しいただけるのは嬉しい限りです・・・期待にこたえられるよう準備をしっかりしたいと思います。

|

エネルジヨイベントその2

4C72283A-D5F1-42CB-9A64-EC1AC3B46B99
今日はエネルジヨのイベントその2で高浜原発に見学に行ってきました。

途中立ち寄った高浜町の美しい海岸・・・青の洞窟のような景色です。

先週のセミナーにひきつづき、電気のふるさと福井県で、地元の広報アドバイザーの方と交流しながらおいしいお昼ご飯を食べて、そのあと原子力発電所を見学しました。

高浜原発で京都府の電気がまかなえるほどの発電量があるそうです。

|

アントレプレナーシップ

昨日は佛教大学四条センターで特別企画講座でお話をしてきました。

NPO法人アントレプレナーシップ開発センターさんが企画されたシリーズ講座「あなたのアイデアが社会で生きる」の三回目の講座。

題して「新しい自分との出会い~人の笑顔を創るしごと」。教室はほぼ満員でみなさん熱心に話を聞いてくださりとても話しやすくあっという間に90分が過ぎました。

Mssawadaアントレプレナーシップ開発センターの原田理事長さんのブログから画像をお借りしました。

アントレプレナーシップとは、起業家精神という意味で、精神的にも経済的にも自立した個人として、問題意識を持ち、新しいことに挑戦することで既存の社会をよりよく変革していける人材の育成を目指すための活動をなさっています。

「自己実現」という言葉を私は司法試験の勉強を始めたときに初めてその意味を知りました。憲法の価値の中で、もっとも重要な「表現の自由」のキーワードとして「自己実現」と「自己統治」という言葉があります。封建制度や全体主義の対極になる「個人の尊重」に価値を置く日本国憲法のバックボーンです。伊藤真先生が熱く語っておられました。

司法試験の勉強は単なる資格試験の勉強ではなく、私にとって新しい価値を知り、自分を再発見する過程でもありました。

詳しくはNPO法人アントレプレナーシップ開発センターのHPをご参照ください。

http://www.entreplanet.org/

|

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »