« 閑散としたオフィス街 | トップページ | 相続でもめないための遺言書 »

修習資金の保証はオリコ

司法修習生の給料制が廃止になり,貸与になるそうです。

貸与というのは,修習生の側から見るとお金を借りるということになるのですが,誰から借りるのかというと,「最高裁判所」から借りるそうです。

基本は1ヶ月あたり23万円。1年間借りるとして276万円ほどです。無利息です。返済方法は,修習終了後5年を据え置き,その後10年間で返済。

詳細について最高裁のHPを見てちょっとびっくりです。

申請すれば無条件で貸してくれるわけではなく,保証人が2人いるそうです。保証人は,年収150万円以上または資産額300万円以上を有することが条件となっています。そして保証人を2名たてられない人は,保証会社に保証を頼むそうです。保証料は1000円につき21円。そして,その保証会社は「オリエントコーポレーション」。代位弁済後の遅延損害金は年6%。

修習を終えても法曹資格を得られるかどうかわからない。弁護士になっても支払い能力に不安あり。ということが最高裁に「顕著な事実」ということですね。

保証会社が決まっているということは,俗に言う提携保証会社ということですが,でもどうしてオリコなんでしょう。

保証料払って保証してもらうということですから,もし払えなくなっても最高裁に迷惑かけないということですね。それは,それで結構なことですが,法的整理する人が続出しないことを祈ります。

|

« 閑散としたオフィス街 | トップページ | 相続でもめないための遺言書 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事