« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

暇・・・

今週は暇・・・です。

ちょっと前までは隙間のない日々を送っていたのに一体どうしたことでしょう。

やりたいことはいっぱいあるので、色々な企画を考えて次々と実現の手はずを整えています。具体的な計画は追ってどど~んと発表します。

私自身が利用者としてあったらいいな・・・と思えるリーガルサービスをこれから弁護士法人みおで模索していきたいと思います。

認知症になってからでは自分では何も選択することができないんです!!

尊厳ある老後を送るために。。。まさに自己決定権を行使する根源的な場面です。

「人生を変える!3分割勉強法」(祥伝社刊・拙著)で述べたように、司法試験の勉強を始めたころに知った憲法の理念である「個人の尊厳」と具体的に実現することをお手伝いをしたい・・・真摯にそう思います。

|

事務所内で弁護士勉強会

当事務所では、月に1回程度、弁護士でランチタイム勉強会をしています。

先月、京都事務所と大阪事務所をつなぐテレビ会議システムを導入したのですが、まだ使用実績がありませんcoldsweats01

やっぱり月に1回くらいは一同で顔を合わせた方がいいですね。

今日発表されたテーマは、労働事件と保険法のお話でした(人ごとのように言っていますが発表者は私です。今回初めて発表の番があたりました・・・)

保険法は最近、商法から切り離されて「保険法」という新しい形で整備されました。これまで判例の積み重ねで実務が動いていましたが、条文になったのでいろいろなことがクリアーになっています。

もうひとつは労働事件の判例の発表で、「●年以内に退職したら、資格取得費用として会社が立て替えたお金を会社に返さなければならない」という契約が有効かどうか・・・

労働基準法16条では使用者が,労働契約の不履行について違約金を定め,または損害賠償額を予定する契約をすることを禁じています。●年以内に退職したら、立替金を返さなければならないということが、この規定に抵触するかどうかが争われています。

判例の結論は金額の多寡や資格の内容により結論が分かれており、悩ましい問題です。

|

暑い日が続いています

梅雨が明けた途端に、半端ではない暑さです。

こんなに暑いのに依頼者の方はみなさん予約通りお越しいただき感謝しております。

裁判所は7月と8月は前半と後半にわかれて約20日間の夏休み(正確には休廷日)。裁判官はたまった判決の起案を一気に仕上げる自宅起案をしておられるので純粋に夏休みというわけではないでしょう。裁判所が夏休みで次回期日がだいぶ先になってしまうので、依頼者への説明が大変です。

過払い金返還請求の裁判は、これまでこちらの請求額で和解できていた業者が、和解ができず判決になったり、更に控訴されたり、いよいよ末期状態の様相を呈してきました。1年後に生き残っている業者はどれくらいあるのでしょう。暑い夏ですがこちらはちょっと寒い話です。

|

新刊のランキングです

6月23日に緊急出版した「カード&住宅ローン危機 脱出マニュアル」(主婦の友社)

京都の大垣書店四条店でランキング入りです。

Photo_2 パネルも展開していただいており感激です。一位はやっぱり「もしドラ」ですね。

総量規制実施後の状況はどうですか?とマスコミ関係者に聞かれるのですが、「意外と静か」です。私の実感としては、5月後半から6月のはじめにかけて、「駆け込み」的に相談が急増したように思うのですが、意外にも実施後はそんなに相談は増えていません。

キャッシング利用者の過半数が総量規制に抵触するといわれていますが、みなさんどうされているのでしょうか。支出を減らす・収入を増やすということで対応ができていればいいのですが、闇金やクレジットカードのショッピング枠の現金化というようなことには手を出さないで欲しいと思います。

|

難波八坂神社の船渡御

Photo 昨日は、難波八坂神社の夏祭りの船渡御神事にFM大阪の船に乗せていただいて参加してまいりました。

raintyphoonの予報でしたが、夕方くらいから太陽が・・・sun神様のお力でしょう。

道頓堀をゆっくりと巡航して行き交う船と大阪締めを交換して祭り気分を満喫してまいりました。

京都は祇園祭の真っ最中。

夏はやっぱり祭りですね。

|

二重課税違法~最高裁判決

先日積丹半島でウニ丼を食べてきました。

Photo 赤ばふんうにがぎっしり!写真を撮るのを忘れ、2口ほど食べてから撮影しましたのでちょっと表面が汚くなってしまいました。delicious

ところで、先日の年金保険に対する二重課税が違法とする最高裁判決は興味深かったです。この裁判を闘った原告は偉いと思います。

最近私もこれに関連した事案を担当して、つい最近解決したばかりです。私が担当した事件では国ではなく保険会社を「説明義務違反」として訴えました。

一括払いとして受け取ると相続税の対象となりますが、相続税は控除枠が大きいのでほとんどの人は、相続税を払わないですみます。一方、年金払いを選択すると雑所得として全額に対して所得税や住民税などがかかってくるのです。ほとんどのケースで一括払いよりも年金払いの方が手取り額が少なくなるのに、このことを保険会社が受取人にきちんと説明しなかったので損害を被ったとして裁判になりました。結局保険会社と和解しましたので判決をとるには至りませんでしたが、この課税の問題はおかしいなと思っていました。

今回の最高裁判決によれば、払った税金が還付されるということになりますので、これは影響が大きいですね。相手は国ですから、消費者金融の過払いのような返し渋りはないでしょう。ただ、対象者が膨大で手続きがどうなるのか、ちょっと大変そうですね。

|

新刊の売れ行き

先週出版した「カード&住宅ローン危機脱出マニュアル」。新刊を出した後というのはしばらくアマゾンのランキングをチェックしたり、楽天の在庫表示が減っているかチェックしたり、ちょっとそわそわしてしまうのですが、事務所の近所のブックファースト梅田店さんでの扱いはこんな感じです。

Photo

多くのかたの目にとまり、買っていただければ嬉しいなと思います。

いろんな書店を見て回っていると、ついつい、本を買ってしまい。読もうと思って買ってもなかなか読む時間がなくて自宅や事務所に積ん読状態・・・それが結構なプレッシャーになっています。ちなみにどんな本が積ん読になっているかというと

1Q84,告白、下流の宴、ベイジン、ドラッカー本数冊(マネジメント、プロフェッショナルの条件など)、その他法律書やビジネス書がいっぱい・・・

|

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »