« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

ヤミ金に行く前に読む本

Photo 本日、朝日新聞(西日本版)に主婦の友社の広告を入れていただきました。広告の効果でアマゾンのランキングが少しだけあがっています。

改正貸金業法の総量規制の施行で、借りられなくなった人のための本です。

借金ができなくなって非合法な金融にひっかからないでください。合法的に借金を減らす方法について詳しく解説しています。合法的というのは、裏技でもなんでもありません、法律の趣旨そのものが債務者の生活の再建を図ることが目的ですから、遠慮することはありません。

1年前に「さよならローン地獄!」を読んで私の事務所に債務整理を依頼された方に、先ほど最終処理の報告をさせていただきました。500万円あった消費者金融からの多重債務が0になった上に950万円も過払金が戻ってきました。「いままでの20年、何やったんやろうって思います。命が助かりました。本当にありがとうございました。こちらに相談にくるのも、随分迷ったんですよ。でも先生の本を読んで勇気出してきてよかったです」

この方は過払金で解決できましたが、民事再生法、破産法などの法律を使えばたいていの借金問題は解決できます。最悪の決断をする前に、是非弁護士に相談してください。

|

総量規制完全施行後の状況

6月18日から改正貸金業法が完全施行され、貸金業者からの借入総額を年収の3分の1に制限するという「総量規制」が実施されました。

貸金業者から借り入れのある人の過半数がすでに借入額がオーバーしているといわれています。その数は700万人ともいわれていますが、もう借りられなくなったらどうなさるのか。

週末に梅田のヨドバシカメラの近くの歩道を歩いていると、「ショッピング枠の現金化」という看板を掲げた人がいっぱいいました。キャッシングの枠は制限されてもショッピングの枠があいているからこれをお金に換えるお手伝いをするのでしょう。

先週の金曜日はラジオ関西で、今日はFM大阪の番組で生出演して、この話をしました。

これ以上借金を増やさないでください。ショッピングの枠も有限です・・・いつかは行き詰まります。そのときにショッピング枠の現金化をしたことがとても重荷になります!!」

このことを大にしていいたいです。

ところで、先日出版した「カード&住宅ローン危機脱出マニュアル」(主婦の友社)が書店でどんな扱いになっているのか気になって週末にあちこちの本屋に行きました。

紀伊国屋梅田店では、暮らしの法律のコーナーで一番手前に平積みにしていただいていましたが、同じコーナーに 「サラ金殲滅」(須田 慎一郎著)と「サラ金全滅」(笠虎祟著)が並べておいてありました。どちらも総量規制にあわせて出版された本です。

「サラ金殲滅」はかなり興味深く、一気に読みました。私は債務者の方々と直接に接していますが、多重債務に陥る仕組みの分析も的確です。業界や行政の事情というのがよくわかりました。業界が今後どのような形のビジネスを展開していくのかの予想も私が肌で感じていることと同じだったので共感しました。

一方の「サラ金全滅」は業界の立場で書かれている本でした。

|

裁判上の和解

最近、シビアに争った事件を続けて何件か裁判所で和解しました。

いずれもこちらが請求する側だったのですが、提訴前にその金額を任意で払ってくれたら、こんなに時間と手間と嫌な思いをせずにすんだのに・・・

提訴後の裁判所での和解では、裁判官が判決の見通しを前提に和解勧告をするので、当事者としてはこれに従うことが多くなります。

判決なら負けますよとか言われてしまうと、負け判決をもらうよりは少しでも有利な解決をしたいと思うのが人情です。一方、判決なら勝てそうと思っている方には「判決になるとどうなるかわかりませんよ」というようなニュアンスを伝えられることもあります。まさに心理戦というか駆け引きの世界に突入です。

今激しく争っている事件もいずれ和解となるのでしょうか。それまで全力を尽くすのみです。

|

本日発売「カード&住宅ローン危機脱出マニュアル」

今朝、新大阪の本屋に立ち寄ると、棚にありました!!

カード&住宅ローン危機脱出マニュアル」(主婦の友社)

アマゾンでも好評発売中です。さっそくブログの右のバーにアマゾンのリンクを貼りましたのでご覧ください。

表紙の写真は東京まで行って撮影してきました。事務所のみんなからは「別人か!!」とつっこみが入っていますが修正なしですconfident

改正貸金業法の完全施行による「借り入れ難民問題」と経済情勢の悪化による給料カットや失業による返済能力の低下のダブルで、これまでなんとか返済を続けていた方が、「どうしようもなくなる」事態が発生しています。

住宅ローンが払えないというのは、生活の根本に関わる問題です。来月には夏のボーナス払いに困窮する方が出てくると思います。

また意外にもゴールドカードをもっている社会的地位のある方がカードローンで1000万円近い借金を抱えて多数事務所にご相談に来られています。

カードローンや住宅ローンが払えないという事態に陥ったら、何をすべきか。ネットにはあらゆる情報があふれていますが、どうするのが「一番トクなのか」という主婦の視点で書きました。

弁護士に相談に行ったらすぐに破産を勧められるとか、怒られるとか、敷居が高いとかそんな先入観は捨てて、是非ご参考になさってください。

今週の金曜日の午前11時ころ、ラジオ関西のばんばさんの番組にゲストで呼んでいただいていますので、この話題を熱く語りたいと思います。

|

改正貸金業法施行

本日より、改正貸金業法が完全施行されました。個人の貸金業者からの借入総額を年収の3分の1までに制限する「総量規制」が実施されます。

報道によれば貸金業者を利用している借り手1420万人のうち700万人がこの規制の影響を受けて新たな借り入れができなくなるとのことです。

利用者は既に業者から年収証明書の提出を求められたり、借入枠を制限されたりして、実質的には何カ月も前から影響をうけているので、「今日から何かが変わる」ということはないように思うのですが、借入難民の方がどうなさるのか、とても心配です。

今日、郊外の国道を車で走っていると大手消費者金融「アコム」「レイク」の看板に並んで「即金で現金化」という看板を堂々と掲げて営業している業者を見てびっくりしました。

また、ネットで「ショッピングの現金化」というキーワードで検索するとたくさんの業者が堂々としたHPで営業しています。

キャッシングの枠がなくなってもクレジットカードなどのショッピングの枠がまだあいている人に目をつけて、おもちゃのペンダントみないな無価値なものに10万円とかいう値段をつけてクレジットカードで支払いをさせて、その場で8万円をキャッシュバックするというような仕組みになっているのです。キャッシュバックの率はだいたい8割前後に設定されているようです。

利用者はその場で8万円を手にいれることができる代わりに、カード会社に対して10万円の支払いを後日することになります。カード会社は最近盛んにショッピングのリボ払いを推進していますので、10万円のリボ払いはカード会社にとっては大歓迎なのでしょう。リボの手数料も昔は14%程度だったのが、最近は18%程度に手数料率をあげているカード会社も多いようです。

利用者は8万円しか手にしていないのに10万円に対して18%の手数料を払うのですから、自分からすすんで18%を超えるような高金利を作り出すことになるわけです。こんなことは「やってはいけない!!」です。

23日に緊急出版する「カード&住宅ローン危機!脱出マニュアル」(主婦の友社・拙著)では、実例とともに、「あなたを守る3つの法律」を駆使して危機から脱出する方法を具体的に説明しています。

3つの法律とは、「利息制限法」「民事再生法」「破産法」。これらの法律を駆使すれば、多重債務の問題はだいたい片付きます。

先日事務所にお越しいただいたご夫婦も、住宅ローンのほかに数枚のゴールドカードと銀行系ローンの債務が950万円もあって、私の本に登場する実例と同じパターンで苦しんでおられました。

「大丈夫、民事再生か、過払い金で債務を圧縮して任意整理か、どちらかの方法で必ず解決できます!!」と私が宣言すると奥さまはほっとなさって、思わず目がうるうるとなさっていました。

やみ金に走ったり、ショッピングの現金化に手を出さないで!!解決する方法があることを知ってもらいたい・・・・

今日からプロフィールの写真変えました・・・coldsweats01

|

主婦の友書店

先週ipadを買ってからいろいろアップルストアでアプリを探していて偶然みつけた主婦の友書店。雑誌が無料で読めたり本を立読みできたりとお得なコンテンツが揃っています。
するとナント
実用書のところで見つけました!「さよならローン地獄!」澤田有紀著450円 ハイ私の本です。
思わずダウンロードしてしまいました。
今月23日には主婦の友社さんから新刊が出ます。
カード&住宅ローン危機!脱出マニュアル
ネット書店で予約受け付け中です
よろしくお願いしますヽ(´▽`)/

|

エネルジョのイベントやりました

昨日は、京都四条烏丸の池坊短大こころホールで地球とエネルギーを考える女性の会(略称エネルジョ)のイベント「お得!なっ得!トークパーティ」を細川茂樹さん神津カンナさんをお迎えして実施しました。

エネルジョとは「エネルギーの生産と消費に伴う地球の問題、すなわ地球温暖化や環境悪化さらには資源枯渇といった問題に対し、身近な視点から取り組み、広く発信することを目的とした会です」

代表は兵庫教育大学大学院教授の竹西亜古さん。メンバーは今のところ私も含めて7名です。

昨日のイベントは大盛況で定員の3倍のお申し込みがあり、抽選でご招待となりました。お越しいただいたみなさまどうもありがとうございました!!

エネルギーがどこから来ているのか。現代社会にいきる私たちが知っておかなければならないこと。長時間のイベントでしたが、みなさん熱心に聴いていただきありがとうございました。

私的には、細川茂樹さんの男前を拝見できたのは、ラッキー!!おまけに細川さんの本にサインまでいただきました。

Photo 日テレDONで松潤さんと共演したのに続くラッキーです。

このあと、エネルジョメンバーと神津カンナさんとでカラオケで打ち上げ。仮面ライダーの歌で盛り上がったことは言うまでもありませんhappy01

|

iPadがやってきた

昨日予約していたiPadがやってきました。

まだ使い方がよくわかりませんweep

でも、画面が大きくて、しかも画像は美しく!!反応が早いのには感動的です。

早速雑誌をダウンロードしたり、i文庫で本をよんだりしています。これなら移動中の新幹線の中でも退屈しないですみそう・・

iPodtouchをもっているも模範六法のアプリを購入したのみで、もっぱら音楽プレーヤーとしか使っていたのみですが、iPadはもっといろいろ使えそうです。

このブログも早くiPadで更新できるようになりたいです。

ツイッターというものもやってみたいし・・・

|

新刊アマゾンから予約できます!!

Photo このところ毎週土曜日は京都事務所でお当番です

烏丸通をはさんで向かいのヨドバシカメラの工事がずいぶん完成に近付いてきたようです。この調子でいくと秋ごろオープンでしょうか。写真の左側にビルの袖看板紺色で「弁護士法人みお」とあるのが京都事務所です。右側の工事中のビルがヨドバシカメラです。

京都事務所の玄関はこんな感じです

Photo_2 うまく撮影できませんがとてもやさしい雰囲気の入り口です。

詳しくは弁護士法人みお京都事務所のHPをご覧ください。↓↓

http://www.mio-kyoto.com/

やっぱりプロのカメラマンは上手に構図を決めてますね!!

6月23日主婦の友社より発売予定の新刊はもうアマゾンで予約ができるようになっています。よろしくお願いします!!

カード&住宅ローン危機!脱出マニュアル

ちょっと直接的すぎるタイトルですが、改正貸金業法の総量規制が実施され、もう借りられなくなった方々にストレートに訴えたいと思います。

やみ金に行く前に読む本です。

|

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »