« テジモノの続き | トップページ | 春爛漫 »

判例雑誌

昨日、模範六法をiphoneのアプリケーションで持ち歩けたら便利なのでiphoneを買おうかなとブログに書きましたが、いろいろ検討した結果、ipod-touchでも使えることがわかり、早速買ってきました。これなら毎月の通信固定費がかからずに、流行にも乗り遅れずにすみそうです。これを使いこなすことができて、シムロック解除で通信会社が選べるようになったら、iphoneを買いたいと思います。

4月で弁護士になって十年経過しました。

当事務所の重鎮・葛原弁護士はこれまでに最高裁判例集に掲載された数々の事件にかかわってきましたが、私も弁護士になって10年以内に判例雑誌に載るような判決をとることがとりあえずの目標でした。

そして、・・・当事務所で獲得した3つの判例が、去年と今年にかけて、4つの法律雑誌に掲載されました。目標達成ですsun

◆介護事故判例:「判例時報」(NO.2025、96頁)、

           「賃金と社会保障」1468号6月下旬号

◆交通事故判例:「自保ジャーナル(旧自動車保険ジャーナル)」(No.1817)

◆保険金請求事件判例:「判例時報」(2062号148頁)

いずれも「被害者側」として損害賠償を請求した事案です。シビアーに争って、後に同じような被害を受けた方の道しるべになるような、そんな思いで頑張っています。これからも一般消費者の立場に立って、質の高いリーガルサービスを提供していけるよう事務所一同研鑽を続けます。

|

« テジモノの続き | トップページ | 春爛漫 »

身近な法律問題」カテゴリの記事