« 住宅ローンが払えない・・・ | トップページ | 完成!!予約受付中です »

住宅ローンが払えない2

昨日も書きましたが、住宅ローン払えなくなるとどうなるのか。どうしようどうしようと思いながらどうしていいのか、誰に相談していいのか分からず、不安な日々を送っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。たまたま今日別件でご相談にいらっしゃった方も、「実は・・・これってどうなるんですか」とおそるおそる切りだされました。

滞納額が3か月分を超えると一括弁済の請求が来る可能性が高まります。辛うじて3カ月をキープして遅れ遅れ払っていたら何とか現状維持ができる可能性が高いです。

一括弁済を請求されたら、家を手放す方向で、任意売却をするか、不動産競売に委ねるかを決める必要があります。(住宅ローン以外の借金を圧縮すればなんとか住宅ローンは払えるというケースでは民事再生ということも考えられますが・・・ハードルは高いです)

今日の相談者のケースでは、滞納額が4カ月分になっているとのことでしたので、住宅を維持したいのであれば、早急に滞納を3か月分以内にすること、できるだけ早く滞納額をもっと減らす必要があると回答しました。

不動産競売に委ねる場合には、出ていかざるを得ない時まで半年くらいの時間的余裕がありますので、それまでに引っ越し費用をためることができますが近所に不動産競売になった事実を知られることを覚悟しなければなりません。任意売却をする場合には、表面上は普通の売買ですので他人に滞納の事実を知られることはありませんが、昨日も書いたように不動産業者にいいようにされないように注意が必要です。経験ある弁護士相談すると残債務の処理までアドバイスしてもらえます。

Miolaw_20100914_2

そこが知りたい!住宅ローン破綻 大阪関西

サイトURL :http://jl-hatan.net/index.html

弁護士法人が運営するサイトの1つで、住宅ローン払えず困っておられる方に向けて、「不動産競売の流れ」や「任意売却」などの情報も発信しています。

上記の通り、「任意売却」のメリットを活かして、住宅を守る。或いは、個人民事再生の手続きをとるなどの方法もあります。不動産会社、任意売却の事業者と話を進める前に、一度、弁護士事務所に相談に行かれてはいかがでしょうか。

当サイトからは、メールで弁護士無料相談のお申込みも受け付けておりますので、もし住宅ローン支払えない方がいらっしゃいましたら、お気軽にお問合せ頂ければと思います。

|

« 住宅ローンが払えない・・・ | トップページ | 完成!!予約受付中です »

住宅ローン」カテゴリの記事