« 本屋で発見 | トップページ | デジものだらけ »

3分割勉強法

今朝の朝日新聞に、祥伝社の3月新刊の広告がでており、拙著「人生を変える!3分割勉強法」の告知もされていました。

専業主婦の私が司法試験に一発合格できた理由・・・まず持ち時間を3種類に分けましょう。結果を出したい人必読!「大人の勉強法39の極意」

興味をそそる書き方なので、ちょっと内容をご紹介します。

持ち時間を3種類に分けましょう というのは、

★じっくり時間・・・1時間程度以上机に向かえる時間

★ながら時間・・・何かをしながら の時間(精神集中できない時間)

★細切れ時間・・・10分程度の細切れだけど、精神集中が可能な時間

ながら時間と細切れ時間をいかに有効に利用するかが、勉強の秘訣です。

じっくり時間では、「ながら時間」と「細切れ時間」を有効に活用するための準備の時間に充てる!!

ながら時間では、既に「じっくり時間」で聴いた通信講座をBGMのように流して記憶の定着を図ったり、「じっくり時間」で整理した重要事項を抜き出してちらちら見る。

細切れ時間は短いけど集中できる時間なので、この時間を活用するために、「じっくり時間」でノートやカードをまとめたり、ツールを作っておく などなど

「じっくり時間」でどんなツールを作るのかというノウハウや、一発合格に向けての準備など(こうかくと偉そうなので恥ずかしいですがcoldsweats01)いろいろ盛りだくさんですので、書店でお手にとってご覧下さい。

アマゾンでも内容が紹介されています。

|

« 本屋で発見 | トップページ | デジものだらけ »

学問・資格」カテゴリの記事