« さよならローン地獄! | トップページ | 入札雑感 »

弁護士マーケティングのお話

昨日は弁護士マーケティングのセミナーに参加しました。西日本を中心に約20名程度の弁護士が参加しておられました。

弁護士業界のライフサイクルとして、これまでは、「成長期」であり、市場に働きかけさえすれば、何をやってもうまくいくという時代でしたが、これから成熟期すなわち生き残りの時代に入るとのこと。たしかに、債務整理の分野ではその通りかもしれませんが、まだまだ導入期・成長期の法的サービスの分野があると思います。

しかし、弁護士法や弁護士会の縛りの中で、大量に事件を集めるには限界もあります。また紛争を扱うということからしてもそもそも大量処理になじむのかという問題もあります。

依頼された事件をどうこなすのか、結局は弁護士としての専門性・実力をどうつけるのかということが一番大切であり、マーケティングが目的になってはいけないと強く感じた次第です。

|

« さよならローン地獄! | トップページ | 入札雑感 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事