« かにの季節 | トップページ | 和歌山の思い出 »

おひとり様の老後問題

9月から京都新聞のカルチャーで連続講座を担当しておりますが、今クールは6回シリーズで高齢化社会の身近な法律問題と題して、成年後見や介護施設のトラブル、遺言などをテーマにお話をしています。

受講生の方の中には「おひとり様の老後」の問題を真剣に準備しようとなさっている方も多く、講義が終わった後に熱心に質問をしていただいたり、話しかけにきてくださいます。

老人向けの施設に入居しようと思っても「保証人」がいるといわれ疎遠な親戚に頼みにくいとか、病気で倒れたときに入院の手続きやリハビリ施設の手配を助けてくれるところがあったらいいのにとか、現実に不安を抱えておられることがわかりました。

私も将来「おひとり様の老後」問題の予備軍ですので、ひとごとではありません。

みお綜合法律事務所としても、この問題を受け止め、おひとり様のお役にたてるようなシステムを立ち上げたいと思っています。

|

« かにの季節 | トップページ | 和歌山の思い出 »

身近な法律問題」カテゴリの記事