« 地球を考える会シンポジウム大成功 | トップページ | 証人尋問 »

新司法試験合格発表

今日の新聞に今年の新司法試験の合格発表の記事が載っていました。

法科大学院を卒業した人が対象の新司法試験ですが合格率が30%を切ったとのこと。

当初の計画では医学部出身者がほとんど医師国家試験に受かるみたいなイメージで法科大学院を卒業したらほとんどの人が司法試験に受かるというイメージだったそうですが、法科大学院の乱立と教育カリキュラムの無理が露呈してこの有様です。

法科大学院卒業後5年以内に3回不合格になれば、司法試験の受験資格も失うという制度になっていますので、結構厳しい内容ですね。

昔は・・・といえば、年寄りみたいですが、私が合格した平成9年では合格者は700人余りでしたが、受験資格は特になく、とぼとぼ一人で勉強してても頑張ればいつかは合格できるという制度でしたが、新司法試験では、全てをなげうって法科大学院に2年或は3年通って卒業して、3回以内に合格しなければならないというきわめてハイリスクな制度です。

今のような制度では主婦がマイペースで受験勉強をするということは到底無理ですので、私みたいな経歴の人間には最初から門戸を閉ざされているといってもいいでしょう。

そして、晴れて合格できても、弁護士として生きていくにはまず就職するのが大変で、就職できたとしても低賃金ということであれば、全く魅力のない職種になってしまいました。

こんな制度に誰がしたんでしょう。昔を懐かしむのは年寄りみたいですが、絶対昔の方が言いと思います!!

|

« 地球を考える会シンポジウム大成功 | トップページ | 証人尋問 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事