« 学校の再編と再建シンポジウム&野菜畑のその後 | トップページ | 完全休養の週末 »

高校の同窓会~泳げなかった暗黒の時代

高校を卒業してはや四半世紀!!(実はそれ以上)の時を経て、学年合同の同窓会が8月に開かれることになりました・・・兵庫県立西宮北高校8回生♪

高校時代の私といえば、どこにいるかわからない・・・・学級委員とかもしたこともない・・・恥ずかしがりやの生徒でした。そんな私が今度の同窓会では「司会」担当。

中学・高校時代の思い出といえば、「泳げない!!」「走れない!!」です。

小学校の頃から、プールに通ったり、夏休みの水泳教室に行ったりしたのに、結局「泳げない」んです。

「わたし 泳げないのよ」とか言っても、たいていの人は、息継ぎができないだけとかで、じつはちょっとは泳げるんです。でも、私の場合、本当に泳げません。

6月下旬頃から水泳の授業が始まります。9月には、クラス対抗「水泳大会」とかがあります。泳げない人でも水泳大会には参加させられます。泳げないのに、「飛び込め」とかいわれて、もう論外の苦痛です。

1年のうち4分の1くらいは水泳の季節です。どうやって水泳の授業と水泳大会から逃れるのかというのが、私の最大の課題でした。

もうひとつ、暗黒の時代の理由は「走れない」です。

私は走るのが極端に遅いのです。

体育の授業は週に3コマありましたので、2日に1回は体育があります。体育の授業がはじまるときはウオーミングアップと称して校庭を何週か走らされるのですが、100メートルも走ったら息切れがして、集団から大きく遅れはじめ、みんなが走り終わっているのに、みんなが見守る中、一人でとぼとぼ走っていました。

マラソン大会では、全員がゴールしたあと、全校生徒が見守る中、拍手に迎えられながらゼイゼイいって、ゴールインです。

こんなに体育のできない私でしたが、大学に行くと、みんな私と似たり寄ったりの運動神経で、体育の授業も楽しかったのが何よりも嬉しかったです。

|

« 学校の再編と再建シンポジウム&野菜畑のその後 | トップページ | 完全休養の週末 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事