« KBS京都ラジオの新コーナー担当します | トップページ | お弁当♪♪ »

パワーポイントで四苦八苦

2年ほど前から所属する弁護士会の会派で「学校の再編をめぐる法律問題の研究会」に参加して勉強をしていたのですが、その成果をシンポジウムとして発表することになりました。学校関係者や弁護士向け研修としてご案内を発送したところ、なかなかの反響で多数の方が出席予定とのご連絡をいただきました。

勉強会に落ちこぼれながらもなんとか出席を続けた私にも発表の時間をいただいたのですが、その準備とリハーサルでこの1ヶ月は結構ハードです。

なにしろ、学術的な発表ですので「パワーポイント」を用意するよう厳命されたのですが、私のパソコンにパワーポイントがはいっていたことを今回初めて知ったような超初心者でどうすればかっこよくプレゼンできるのか、さっぱりわかりません。

昨日一日京都の事務所でマニュアル本片手に悪戦苦闘してようやくそれらしいものができあがったのですが、文字ばっかりでイラストが入らず、なぜか各スライドでフォントタイプがばらばら、記号がどうしても消せないとか。ワケが分かりません。

それでも何とか今日リハーサルでOKをいただきました。。。。

タイトル:『私立学校の再編、再建の法的諸問題

主催:大阪弁護士会五月会

   (学校の再編を巡る法律問題研究会)

日時:平成20年6月6日(土曜日)午後1時~午後4時半

場所:大阪弁護士会館2階

第1部  私立学校を取り巻く経営環境と学校法制

      ・基調講演 岩崎保道先生(大阪夕陽丘学園短期大学

     「私立学校の厳しい経営環境と再編再建に対する法的手法」

      ・学校法制の基礎 弁護士高橋司

第2部  学校の再編再建に関する法的諸問題の検討

     (ア)学校の再編-慶応大学の事例を中心に

    (弁護士中村克宏 、弁護士高井浩一 、弁護士澤田有紀

     (イ)学校の再建-萩国際大学の事例を中心に

      (弁護士今井孝直 、弁護士苗村博子

|

« KBS京都ラジオの新コーナー担当します | トップページ | お弁当♪♪ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事