« 逃げ得許さない!! | トップページ | 王と妃最終回~韓国ドラマ »

名簿業者に顧客データ売却?!

三菱UFJ証券は8日、システム部の部長代理(44)が約150万件の顧客情報を不正に持ち出し、うち約5万件を名簿業者3社に売却していたと発表しました。元社員は消費者金融に借金があり、返済に充てる目的だったとのことです。

売却代金は30数万円だということですが、たったそれだけのお金のために、取り返しのつかないことをしたものです。

消費者金融への返済のために、一流企業の責任あるポストにある男性がこのような愚かな行為をする・・・信じられないと思う方も多いと思いますが、これまでいろいろな例に接しているとその心理メカニズムは分かります。

消費者金融に借りていることを身近な人に知られたくない、信用情報に傷をつけたくないという見栄と自尊心、そのうちになんとかなるさという楽観的傾向、

とにかく目の前の課題(すなわち、返済日にお金を用意しなければならない)をクリアするために、手近なところで、解決してしまおうとするのです。

多重債務に陥る仕組みというのは、借金を返すために借金をしてしまうことの繰り返しで借金額が雪だるま式に膨れ上がるのですが、いつまでも借りられるわけがなく、総量規制の影響もあり自転車操業が破綻する例が増えています。

破綻したときに、自分ひとりで解決しようとして、会社のお金に手をつけたりする例もあります。

私の事務所に多重債務の相談にこられる方の中にも同じような例がたくさんありますが、相談いただければその段階でそれ以上ひどくなることは食い止められます。取り返しのつかないことになる前に、是非、弁護士にご相談ください。

|

« 逃げ得許さない!! | トップページ | 王と妃最終回~韓国ドラマ »

過払い金請求」カテゴリの記事