« 悪質商法のすごい手口 | トップページ | 大山大国 »

隙間のない一日・・・

今日は、9時30分から裁判所で管財事件否認請求の和解、10時に新件相談、11時に管財事件引継ぎ、12時に新件の継続相談、1時に管財事件引継ぎ、2時に新件相談、3時に新件相談、4時に新件相談、5時に事務所パンフレット作成の打ち合わせ。

相談と引継ぎはどれも1時間たっぷり、昼休みもなく、9時30分から夕方6時まで、デスクに座る暇もなし。この間もアポなしで依頼者が資料を持ってくるついでに立ち話、顧問先から相談の電話が入ってくる。メールチェックして依頼者からの問い合わせに速攻で回答する。

4時前にようやく5分間の隙間をみつけ、隣のビルのファミリーマートにおにぎりを買いに行き、おにぎりの売り場の前でどれにしようかと思案していると、「今日ファミマのカードに入会してもらうとその場でおにぎりが30円引きで、500円のクオカードプレゼントします」とキャンペーン応援の店員さんに必死の様子で勧誘されました。

カードはいっぱい持ってるからと、カードと領収書でパンパンに膨れた財布を見せるも、店員さんはひるまず、クレジット機能のないカードでも、今日からすぐに割引になるからとかとにかくお願いしますと必死で食い下がってくる・・・

私は5分の隙間におにぎりを買いに来てるのに、相手をしている暇はないと思いながらも、キャンペーンといわれると、つい昔ヤマハでレッスンの勧誘をしていたころを思い出し、断るのがかわいそうになり、申し込みに承諾することに。

ところが、申込書を書き進むうちに、その申込書はクレジット機能つきカードの申込書で、クレジット機能をつけないために、申込書に「職業は家事手伝い」で「年収100万円以下」のところにチェックするよう指示された。

「これで信用情報でクレジット通りませんから大丈夫ですよ」とあっけらかんといわれ、「さすがに、ちょっと、そんないい加減なことでクレジット通らないのは悔しいから嫌です。」と途中まで書いた申込書を破って帰ってきました。

5分しかない隙間だったのに、そんなやりとりをして事務所に戻るともう次の相談者の方が待っておられ、1分でおにぎりとポテトサラダをのどを詰まらせながら食べ、食べている間も、事務局のスタッフが別件の事件の処理方針について確認を取りにやってくるという、怒涛のような一日でした。

怒涛の余韻でブログの文章も訳が分かりません・・・

|

« 悪質商法のすごい手口 | トップページ | 大山大国 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事