« 不動産の決済立会い | トップページ | 相手方から一目置かれる2!! »

SFCG破産へ

昨日はWBCの9回表の日本の攻撃に入ったところで、不動産売買の決済手続きが始まったため、しばらく中継をみることができなくなり、次にTVをつけたときは、10回裏韓国の攻撃中でした。その後、優勝!!万歳のはずが・・・決済のやりとりの中で、用意したはずの書類が足らなかったり、所有権移転登記の委任状に押す実印が間違っていたりと、ハプニングの続出でとても試合を楽しむどころではなく、銀行が閉まる3時までに振込みと着金が完了するかどうかの方がよっぼどハラハラで手に汗握りました。優勝したと聞いても「ふーん」という感じで、やっぱり仕事と娯楽は両立しないということがよくわかりました。

帰りの電車の中で、SFCGの民事再生が廃止になり破産になるというニュースをみましたが、このニュースの方が実際に仕事に関係してくるので、関心があります。私の依頼者にSFCGに対して過払い請求中の方も何人もいらっしゃいますが、破産となるとほとんど配当は見込めないかもしれません。

破たん前にファミリー企業に債権譲渡をしていたとか、二重譲渡をしたとか、不透明な動きがあるようですので、保全管理人の調査に期待したいと思います。しかし、こんなことをしておいて、民事再生で生き延びようと考えたこと自体見通しが甘いといわざるを得ません。そうするしかなかったということでしょうが・・・

クレディア、アエル(民事再生)、レタスカードクラブ(破産)と次々と過払い金の請求先が法的な整理をしました。中小の消費者金融は、法的整理もせずに、事実上店をたたんで行方不明という例も増えてきました。また、清算中ということで、過払い金は一律5万円しか返しませんとか言ってくる業者もいます。消費者金融で大儲けしてきた業者は、次はどんな商売に鞍替えするのでしょう。

|

« 不動産の決済立会い | トップページ | 相手方から一目置かれる2!! »

過払い金請求」カテゴリの記事